AI・IoTの技術や事業開発に必要な
様々なスキルと知識を学ぶ体験型プログラム

AI・IoT人 材BOOSTプログラム for アントレプレナーは、AI・IoTにおける最新のプロトタイピング技術をはじめ、それらの技術を使った事業開発に必要な様々なスキルと知識、開発プロセス全般について、数か月かけて学ぶプログラムです。
本プログラムは、学習だけで終わることなく、INPUTとOUTPUTを繰り返しながら、OUTPUTに対するユーザー評価を通じて、短期間でOUTPUTの精度を上げていく「OUTPUT型 新規事業創出・学習プログラム」です。
このようなプロセスを通じて、事業開発におけるスキルだけではなく、自ら考え、高いモチベーションを維持しながらプロジェクトを遂行していく強い推進力を持つイノベーターを育成していきます。

AI・IoT人材BOOSTプログラムの特徴と流れ AI・IoT人材BOOSTプログラムの特徴と流れ

実施概要

実施期間
令和4年8月17日〜令和5年2月
場所
NAGOYA INNOVATOR'S GARAGE

プログラム内容により一部オンライン開催の場合あり

定員
25名
参加費
無料
参加方法
お申込みボタンよりご応募ください
参加者募集期間
令和4年6月10日〜令和4年7月15日
面接選考期間
令和4年7月20日〜令和4年8月5日
選考方法
ウェブからの応募内容と面接審査をもとに、選考させていただきます

定員を超える応募があった場合は、ウェブからの応募内容に基づき書類審査を実施した後、面接審査を実施いたします。

参加対象
  • 起業、スタートアップにチャレンジしてみたい方
  • AI・IoTなど最新テクノロジーを使ったアイデアで起業にチャレンジしてみたい方
  • 起業に向けて仲間を集めたい、アイデアを形にしたい方
  • 将来的に起業家を目指している方
  • ゼロから自分で作り出したい、ビジネスを生み出したい方
注意事項
  • 基本的に全プログラムにご参加いただける方を対象としております
  • ただし、やむを得ない事情による欠席・遅刻は、場合によって認められる場合があります
  • 会場までの交通費は自費負担でお願いします
  • 新型コロナウイルスの影響を考慮し、プログラムの実施形式(オフライン、オンライン)は判断いたします。
プログラム構成
①事業創造プロセスの基礎アイデア創発
②最新モノづくりスキルの基礎
    • 価値創造とビジョン作り
    • 常識を超えたアイデア発想法「おもちゃデザイン思考」
    • マーケティング・流通関連セミナー
    • AI・IoT実践プロトタイピング
    • ケーススタディ「IoT開発プロジェクト・情報管理DX」
    • アイデアソン&チームビルディング
    • 新規事業のブランディング / 色と形のデザイン
    • アイデア(仮設)ヒアリング&アイデアブラッシュアップ
③プロトタイピング
  • ハッカソン
  • 継続開発&ユーザーテスト
  • 中間デモデイ
④価値の表現&発信
  • 最新トレンドの動画作り
  • 会計・知財・権利・法務関連セミナー
  • 創業に必要な法務・資本政策セミナー
⑤評価&テスト
  • NAGOYA BOOST DAY

事業創造に必要な様々なスキルを学ぶ中、
参加者同士がチームを組み、
学んだスキルをフル活用して、
アイデアの具現化を目指す!
新しい価値創造に挑む
計100時間超えのプログラム!

プログラム内容
  • 開催形式は新型コロナウイルスの感染状況にあわせて臨機応変に変更します。変更案内等は参加者へご連絡します。
  • プログラム内容と時間は変更となる場合があります
大項目 プログラム内容 日程
①事業創造プロセスの基礎アイデア創発

②最新モノづくりスキルの基礎
価値創造とビジョン作り 8月17日(水)
19:00〜21:00
OFFLINE
ケーススタディ「IoT開発プロジェクト・情報管理DX」 8月24日(水)
19:00〜21:00
ONLINE
常識を超えたアイデア発想法「おもちゃデザイン思考」 8月31日(水)
19:00〜21:00
ONLINE
アイデアソン&チームビルディング 9月4日(日)
13:00〜17:00
OFFLINE
マーケティング・流通関連セミナー 9月14日(水)
19:00〜21:30
ONLINE
新規事業のブランディング / 色と形のデザイン 9月28日(水)
10月19日(水)
19:00〜21:00
ONLINE
AI・IoT実践プロトタイピング 10月22日(土)
10月23日(日)
10:00〜18:00
OFFLINE
アイデア(仮設)ヒアリング&アイデアブラッシュアップ 随時
③プロトタイピング ハッカソン 11月12日(土)
11月13日(日)
10:00〜18:00
OFFLINE
継続開発&ユーザーテスト 随時
中間デモデイ 12月7日(水)
19:00〜21:00
OFFLINE
④価値の表現&発信 最新トレンドの動画作り 12月21日(水)
19:00〜21:00
OFFLINE
会計・知財・権利・法務関連セミナー 1月25日(水)
19:00〜21:00
ONLINE
創業に必要な法務・資本政策セミナー 2月1日(水)
19:00〜21:00
ONLINE
⑤評価&テスト NAGOYA BOOST DAY 2月21日(火)
OFFLINE
プログラム講師プロフィール

大澤 孝

株式会社パートナーズ マーケティング開発室 室長(元タカラトミー)

登壇予定のプログラム:
常識を超えたアイデア発想法「おもちゃデザイン思考」

大手玩具メーカーにて20年以上おもちゃの企画開発に携わり、数多くのヒット商品・オンリーワン商品を手掛ける。
また実務で培った企画ノウハウの体系化に力を入れており、社内の企画研修講師のほか、異業種との企画ワークショップ開催や大学での企画手法に関する講義などを行う企画のエキスパート。

高原 成爾

Saas企業 事業責任者

登壇予定のプログラム:
マーケティング・流通関連セミナー

神戸大学 工学部 電気電子工学科卒、九州大学MBA。大学卒業後、株式会社ドールにて営業やマーケティング等を経験した後、地方大手小売企業にてカテゴリーリーダーやセントラルバイヤー、事業会社の副社長、社長秘書、DX推進担当、商品開発本部等に従事。現在はSaas企業にて事業責任者を務める。

上田 浩

JellyWare株式会社 CTO

登壇予定のプログラム:
AI・IoT実践プロトタイピング(1回目)、AI・IoT実践プロトタイピング(2回目)

電気系ハードウェアエンジニアとして大手メーカーに約15年間勤務し、カーナビゲーションの設計・開発を行う。プライベートでは、ハッカソン・ロボコン・MakerFaireなどオープンイノベーション活動に参加し、ソフトウェア開発も担う。
2015年から現職に就き、光のお絵描きロボットwordeeの設計・開発、IoTプロトタイプ及びスマホアプリの受託開発、AIコンテンツ・IoTコンテンツの制作・協力、最新技術を使った独自のハンズオンなどを手がける。

志水 良

learning Balloon Inc. CEO & Art Director

登壇予定のプログラム:
新規事業のブランディング / 色と形のデザイン

「2003年OUZAK DESIGNへ入社し川崎和男氏に師事。企業C.I.、企画、UI、広報・広告など多岐にわたるデザイン業務を通じ、商品開発から販売計画に至る一連のプロセスに携わる。2007年から2009年まで大阪大学招聘研究員。2010年より株式会社キーエンスにてデザイングループに所属。UIやプロダクトデザイン、社内向けUIガイドラインの策定などに携わる。2018年Balloon株式会社を設立。2019年より大阪市立デザイン教育研究所にて非常勤講師。JAGDA・JIDA正会員。German Design Award、A’ Design Award、Graphis Brandingなどを受賞。
https://lloon.jp/

小宮 誉文

弁護士

登壇予定のプログラム:
会計・知財・権利・法務関連セミナー

【経歴】
2001年4月~ 一般企業入社(2003年8月退社)
2007年11月 司法試験合格
2008年12月~ 弁護士登録(第二東京弁護士会)、東京桜橋法律事務所入所
2009年4月~ 第二東京弁護士会民事介入暴力被害者救済センター運営委員会
2014年1月~ 東京桜橋法律事務所パートナー就任(現任)

【取扱分野】
企業法務全般、契約実務、著作権等知的財産、M&A、訴訟、その他

伊達 幸乃

PwC/マネージャー

登壇予定のプログラム:
会計・知財・権利・法務関連セミナー

    公認会計士として、大手会計事務所の日本およびドイツ法人で監査・IPO・財務コンサル等を経験した等、地方大手製造会社の経営企画部および経理に従事し、ベンチャー企業を経て、現職。事業会社での経験を活かし、会計財務を中心に中小企業に寄り添ったサポートを得意とする。

崔 熙元

JellyWare株式会社 代表取締役

  • 全プログラムコーディネーター

株式会社ピーバンドットコム在職中の2013年にハードウェアコンテストGUGENを立ち上げ、日本最大級規模のコンテストに育てた実績の中、2015年9月にJellyWare株式会社を設立。ハッカソンエコシステムを中心としたIoTサービス・製品開発事業を展開しながら、近年は新しいモノを生み出すための新しい人事育成事業にも力を入れている。2017年から名古屋市主催の「NAGOYA HACKATHON」を企画・運営を担当し、2018年からはイノベーター育成・ビジネス創出プログラム「NAGOYA BOOST10000」として進化させ、中部地区の産業活性化と人材育成にも取り組んでいる。

Go to top